板金加工品紹介

2012年2月1日(水)
bankinmihon1
改札口の筺体(一部電子部品を塗りつぶし)

珍しい品物が完成したので写真で紹介させて頂きます。(お客様には御了承頂きました)

弊社では、手のひらサイズの板金部品を主流に扱っております。そのため、複雑な曲げ加工方法や、キズやバリといったことに
執着しやすくなっておりました。

しかし、最近では大きな筺体に何十点の部品を溶接し、外観面を仕上げるような御注文も増えてきています。
徐々に「天面がキレイに見える展開方法」や、「塗装後に浮出ない仕上げ精度」がレベルアップしております。

加工幅が機械により制限されてしまいますが、筺体物も弊社営業まで御相談下さい。

また、写真撮影の御許しを頂ける製品がありましたら紹介致します。